toitoi〜甲突川の野鳥

アクセスカウンタ

zoom RSS ミサゴとおまけ

<<   作成日時 : 2009/11/15 18:39   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

かごしま環境未来館での 「かごしまの野鳥写真展」も今日まででした。次は南さつま市に引越し・・・また告知させて頂きます〜。

という訳で今日は搬出!いつも明里を待つ場所にミサゴが旋回中・・・ちょっと寄り道(大汗)。
ダイブも成功してくれましたが・・・岩崎橋の先(涙)かなり遠い〜。

画像


そのまま飛んでいくのかな?と・・・獲物を見せてくれる様にこちらに〜、成鳥♂・・・獲物は鯉ではなさそう。

画像


そこまで近くを飛ばなくても・・・大汗。両翼とも切れたたので獲物が落ち鮎だと分かりやすいようにトリミング。
ミサゴの大きさから25センチオーバーでしょうか!

画像


この時期ヤマセミが上流からおりて来たり、サギ類やミサゴが居つくはずですね〜!川の中の四季も面白そうです。ミサゴは旋回しながらサービス・・・。

画像


おっと!会場に急がねば・・・tamakiさん、チャリ風さんも来て頂き予定通り撤収時間になりました。
支部長、私、そしてなにより若いtamakiさん、チャリ風さんのおかげで搬出まであっという間でした〜、帰りにちょっとヤマセミ広場に寄る時間もある〜〜〜tamakiさん、チャリ風さんに感謝。

到着するとササゴイを飛ばし〜〜〜涙)待っているとカワセミ・・・流石に日も傾き暗い。

画像


投げ網漁の方の軽トラックが歩道に入るとヤマセミ♀が下流に〜〜〜見送っていると♂が追いかけていきました〜。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
長丁場の写真展、ご苦労様でした。
落ち鮎ってこんなに大きくなるんですねえ(驚)
ヤマセミ、未見の鳥を見てみたいものです。
通信使
2009/11/15 20:46
落ちアユ、大きいですね。当方のアユは、小ぶりがほとんどです。街中「県都」を流れる川でも、鹿児島の川は自然いっぱいですね。
薩摩節
2009/11/15 23:37
写真展お疲れ様でした!
土曜日にも覗いてみましたが・・・
ミサゴさん見事な鮎を捕らえましたね!
ヒロ
2009/11/16 07:56
「通信使さん」
一気に緊張もほぐれる暖かなお言葉、本当にありがとうございます!
落ち鮎ですが、市内に流れ込む甲突川の鮎もこんなに育つのに私も吃驚しています〜。
釣師の方に聞いたところ、3年ぶりの大漁の事!この時期野鳥が賑わうはずですね〜。
図鑑では年魚、25センチ前後に成長するらしく大きなものでは30センチを超えるとも・・・納得です。

「薩摩節さん」
川の中も知らないことばかりです。野鳥に教わってばかりです。その野鳥も先人の方や研究者の方から教わってばかりです。

「ヒロさん」
土曜日まではバザーでほとんど詰められず申し訳ありませんでした。
甲突川は8・6水害後、ごみの分別や自然保護促進で目覚しく綺麗になりました。この環境を残せていきたいですね!
atto
2009/11/16 16:58
 写真展ごくろうさまでした。見たかったけど1385kmの壁に阻まれて果たせません。
 ミサゴお見事。ただただ脱帽です。ヤマセミもこの暗さでよくも。ますますattoさんとの距離が遠くなるばかりです。
kogera
2009/11/16 17:36
「kogeraさん」
写真展、年度末までのスタートが無事終了できました〜〜〜そして暖かなお言葉に感謝です!ありがとうございます。
1385kmかぁ〜!でもまたの再会が楽しみです!!!
ミサゴもヤマセミもシャッターきったら写っていただけです。なによりもkogeraさんや先輩方の調査・観察のおかげで私達初心者も勉強させられている次第です。
そんな大先輩に声を掛けていただけるだけでも・・・できればこの距離を近いものになれるよう日々小さな観察を続けられればと!今後ともご指導ご教授宜しくお願いいたします。
atto
2009/11/16 17:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミサゴとおまけ toitoi〜甲突川の野鳥/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる