toitoi〜甲突川の野鳥

アクセスカウンタ

zoom RSS クロサギの災難

<<   作成日時 : 2008/10/22 17:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

クロサギ、私が今まで観察したクロサギは喉が白い個体ばかりでした。この個体の喉は黒かったです。

クロサギ着地〜〜〜!魚は慌ててバタバタ〜。

画像


クロサギちょっと威嚇しながら後退...(汗)。

画像


クロサギ、ここは威嚇したまま遠ざかろう〜〜〜と?

画像


クロサギ、なんとか振り切って食事モード...。

画像


またまた災難〜〜〜(涙?)

画像


え〜い!こうなったら反撃?クロサギは強かった(笑)。

画像


至福の時!ハマシギ1wが近くで食事中〜。

画像


明里のバス待ちに遥か上空(涙)、チョウゲンボウ2羽...露出アンダー(号泣)。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ほんとにカラスはブトでもボソでも気が強いですよねえ。食べる餌は違っていても闖入者には容赦しませんから。でもそのカラスも冬の訪問者ミヤマガラスには手を出しませんね。その数に圧倒されるのかな(笑)
通信使
2008/10/22 18:37
『通信使さん』
あれれ?ミヤマガラスとクロサギが面白かったのに!何故?ブトと〜〜〜(号泣〜穴の中)。
ご指摘ありがとうございます〜〜〜。

冬鳥が楽しみになってきました〜。
atto
2008/10/22 19:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
クロサギの災難 toitoi〜甲突川の野鳥/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる